インプラント治療や矯正治療の費用や相場、選び方

インプラント治療

 

インプラント治療では、
失われた歯根の代わりにチタン製のインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め込み、
そこに人工の歯冠をしっかりと固定させます。

 

チタンは生体組織内において異物とみなされず、
違和感なく骨と結合するという特性を利用した治療法です。

 

チタンは非常に身体との親和性が高いので、
金属アレルギーの心配がない(あるいは極めて少ない)のです。

 

インプラント治療は、
歯を1本失った場合から全部失った場合まで、いろいろな症例に対応できます。

 

あごの骨にしっかりと固定するインプラント治療は、
従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるため、
ずれたりぐらついたりすることがなく、違和感、異物感に悩まされることもありません。

 

天然の歯と変わらない感覚で噛める、
自然で美しい歯を手に入れることができるのです。

 

 

「入れ歯」と「ブリッジ」の良いところを合わせ持った治療法と言えるでしょう。

 

ちなみに、「差し歯」と「インプラント」の違いは、
差し歯は、歯の全体あるいは歯根が残っているものにたいして
支台を立て、その上からかぶせられたもの。

 

ですから、最低でも歯根が残っている状態であれば可能だということです。

 

インプラントは、歯根がない場合に
顎の骨の中にチタン製の人工の歯根を手術で埋め込んで
それを支台として上にかぶせる治療方法。

 

ということですね。

 

また、「差し歯」は健康保険が適用されますが、
「インプラント」は健康保険が適用されません。(自由診療)
ですので、治療費が高額になってしまう。ということです。

 

ただ、「差し歯」でも被せ物には、色々な種類があり
「セラミック」を使用する場合は、見た目も白く長持ちしますが、
自由診療になり高額になります。

 

ただ、インプラントなどは高額にはなりますが、
『 自分の一生の財産 』と考えた場合、高いのでしょうか?

 

 

いかがですか? よーく考えてみる事をお勧めします。

 

 

インプラント治療は、このような方にオススメの治療法です。

 

インプラント治療 失った歯を取り戻したい
インプラント治療 ストレスのない食事がしたい
インプラント治療 入れ歯だと噛むときに痛みを感じる
インプラント治療 入れ歯がはずれやすい
インプラント治療 治療するところ以外の歯は残したい
インプラント治療 以前と同じ天然歯のような歯がほしい
インプラント治療 奥歯が抜けてブリッジができない
インプラント治療 人前でも思い切って笑ってしゃべりたい

インプラント治療 失った歯を治療するために他の歯に負担をかけたくない
インプラント治療 歯を失った部分の歯茎が痩せていくのを止めたい
インプラント治療 口の中を見られるのが恥ずかしい
インプラント治療 食べ物がおいしく感じられない
インプラント治療 きちんと発音ができない
インプラント治療 口臭が気になる
インプラント治療 入れ歯にはしたくない
インプラント治療 抜けている歯の数が多くブリッジで支えきれない

インプラント治療 どんな治療法があるのかわからない
インプラント治療 笑うと金属が見えるのが気になる
インプラント治療 黄ばんだ歯をしている
インプラント治療 不意の事故で歯が無くなってしまった
インプラント治療 ブリッジのために何でもない歯を削りたくない
インプラント治療 抜けている歯の数が多くてブリッジが使えない
インプラント治療 だんだんブリッジが痛くなってきた
インプラント治療 入れ歯をしていると大きな口を開けて笑えない

インプラント治療 ふがふがしてしゃべりづらく無口になってしまった
インプラント治療 入れ歯の着脱がわずらわしい
インプラント治療 入れ歯が合わなくなった

 

などなど・・・・。

 

<<インプラントのメリット>>

 

天然歯に近い噛み心地が得られるようになります。
表情が自然になり、周りからの見た目にも違和感がありません。
入れ歯のような制限が無く、うっとおしくもありません。
固定式なため、グラツクことも無く、周りの歯にも悪い影響を与えなません
歯が1本欠損しても、周りの歯を削ることなく治療できます。
入れ歯のような不快感が無く、ズレもありません。
安定したかみ合わせになるため、食事が美味しくなります。
自分の歯のように見た目がきれいになります。
ブリッジなどと違い、歯を失った部分の骨や歯茎がやせません。
適切なメンテナンスをすれば、数十年保つことが可能となります。

 

しかし、インプラント治療にも欠点はあります。

 

<<インプラントのデメリット>>

 

インプラント治療 デメリット 保険外診療(自費治療)になるため高額になってしまう。
(ただし、確定申告の際に、医療費控除を受ける事ができます。)

 

インプラント治療 デメリット 外科的な手術が必要になります。
(顎の骨の状態によっては、インプラント手術が出来ない場合があります。)
※しかし、最近では、あごの骨が薄い方でもインプラント治療が出来る
オールオンフォー」という新しい術式も出ています。

例えば、東京品川の「山手歯科クリニック」や
大阪寝屋川の「坂井歯科医院」や
兵庫県加古川市の「加古川アップル歯科」などで実施しています。

 

オールオンフォーの登場により、上記の他に
「治療期間の短縮」や「治療費もかなり抑えられる」ようになりました。

 

インプラント治療 デメリット骨への定着期間を入れると治療期間が少し長くなります。
(しかし、「ワンデイインプラント」や「オガ・インプラント」のようなものもあります。)

 

インプラント治療 デメリット 失敗やトラブルが無いわけではない。
(これは、インプラント手術に限ったことではないですが。)

 

 

ですので、ココで一番大事なことは、
インプラント治療の価格・費用に関してもその方のお口の状態や状況によって、
かなりの個人差が出てきますし、治療方法なども違ってきますから、

 

(※ 例えば、使用するインプラントの本数や種類、
上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なってくるということです。)

 

クリニックの医師とよーく良く相談し、
コミュニケーションをとることが大変重要になってきます。

 

インプラント 費用

 

※ちなみに、インプラント治療でかかった費用は、医療費控除の対象となります。

 

 

<< インプラントメーカーの世界シェア >>

 

インプラントメーカーのシェア

 

ということで、世界の3大インプラントメーカーは、
1.ブローネマルク ( Nobel Biocare ノーベルバイオケア ) 世界で最も使われているタイプ
2.ITI ( Strauman ストローマン )
3.アストラ ( Dentply デンツプライ )
ということになります。

 

日本でのシェアは、
1位が ノーベルバイオケア
2位が ストローマン
3位が 京セラメディカル
4位が アドバンス

インプラント治療をする際の参考にしてみてください。

 

 

では、インプラントの失敗やインプラントのトラブルを避けるための
歯科医師を見分ける方法はあるのでしょうか?

 

『日本歯科医師会』による歯科医師の選び方のポイント

 

インプラント治療 インプラント以外の治療法、例えばブリッジや入れ歯などについても提案し、
それぞれの治療法の長所・短所を平等に教えてくれる。

 

インプラント治療 インプラント治療を始める前に、治療計画書を提示し、
費用について丁寧に説明してくれる。

 

このようなことが、インプラント治療を受ける際の、
歯科医師選びのポイントになりますので確認したほうがより安全ですね。

 

又、やはり歯科医師がインプラントの専門医であったり、
インプラントの専門医が在籍している歯科医院・クリニックを選んだほうが
良いように思います。

 

インプラントの失敗やトラブルの報告があることも事実ですが、
インプラント治療を受けて「よかった」と満足している方も多くいることもまた事実です。

 

これは、目の視力回復手術である「レーシック」などにもいえることですね。

 

ですので、歯科医師の説明をしっかり聞いて理解し、よく話し合い
充分と納得したうえで、インプラント治療をうけることが重要でしょう。

 

 

しかし、そうはいっても、インプラント治療は、
やはり優れた治療法であることには間違いありません。

 

歯のことでお悩みの方は、「インプラント治療」は一考に値するのではないでしょうか。

 

インプラント歯科医の決め方

 

本サイトでは、
各地の「インプラント治療」や「矯正治療」をおこなう評判の良い「歯科医院・クリニック」をご紹介しています。
インプラント治療をお考えなら、ご参考になさってください。

 

インプラント治療の費用・価格は、その歯科医院やインプラントの方法などで様々です。

 

インプラント治療や矯正治療をうけようと思っている方は、
下の各地域の歯科医院を参考にして色々と検討してみてください。

 

お住まいの近くだけで決めるのではなく、
遠方から評判を聞きつけて、お目当ての歯科医院に通院している方も
けっこういらっしゃるようですョ。
※例えば、
歯科医師も見学に来るという、愛知県の医師が選ぶインプラント医院ランキングNO.1の「おかだ歯科*こども歯科」、
世界水準のインプラント治療が受けられるという北九州市小倉の「もり歯科医院」などがそうです。

 

それぞれの歯科医院では、
電話やメールで問い合わせをすれば、見積もり金額を教えてくれたり、
色々と相談にのってくれます。

 

インプラント治療や歯列矯正は、それなりの期間と費用がかかりますから、
まずは、遠慮をしないで、お気軽に「問い合わせ」をしてみてください。

 

そして充分に納得してから、はじめるのが良いですね。